ブラジルからのお客様

今日は仕事の後、大学院のゼミが20:30からありました。
大阪駅についたのが19:15頃だったので、
少し時間があるから、先に晩ご飯を食べることにしました。
でも、ささっと食べたかったので、
JR大阪駅を地下におりたところにある、カレーハウス・サンマルコに入りました。

私はなすびとひき肉のカレーを注文しました。
食べていると、私のお隣の席に、外国人のおばさんが座りました。
お年は60歳くらい。
お店の人に「Can you speak English?」と言うと、
バイトの子は何も言わずに英語で書かれたメニューを差し出しました。
おばさんは、どうも自分が頼みたいものが探せなかったいたいで、
店頭のショーケースを見てほしそうにしたので、
一緒に見に行ってあげました。
おばさんはエビフライのカレーを指差したので、私が店員さんに注文しました。
で、そこからは、おばさんと私で、
カタコトの英語でおしゃべりしながら、カレーを食べました。

おばさんはブラジルから来たようで、
昨日まで沖縄に行ってたらしく、明日は京都に行くんだそうです。
日本は2回目って言ってました。
ブラジルでオリンピック決まったねー、とか、
なんか、お互い、すごくカタコトなんだけど、とても楽しいひとときでした♪

私自身も海外一人旅の経験があるので、
ご飯一緒に食べてくれたり、楽しく話しかけたりしてくれる人は、
とても嬉しいもんなんですよねーーー。
やっぱり言葉のコミュニケーションって大切ですよね。
なんか、私も、また旅がしたくなりました。



そういえば、話はかわりますが・・・・
カレーって所謂、ファースト・フードですよね。
ファースト・フードって「FAST FOOD」ですよね。
“ファスト”フードやのに、昔から“ファースト”フードって言ってますよね。
おかしいよね。
東京ディズニーランドは「ファスト・パス」って言うし、
原宿ファッションは「ファスト・ファッション」って言うし、
じゃあ、やっぱり「ファスト・フード」だよね。
Wikipediaで調べたら、やっぱり“ファスト”フードが正しいらしいです。
皆さんもこれからは、ファスト・フードって言いましょう!
[PR]
by nob-hrg | 2009-10-21 01:50 | 日常の出来事


<< カンキョウゲイジュツ・ガッカイ こうべUDフェアに参加しました >>